薬剤師だけではもう遅い?

【安定のイメージは古い?】複数ライセンスを取得しよう!

現在、日本は高齢化社会を迎え、在宅や訪問医療のニーズ増など社会を支える福祉サービスも大きな変化を迎えています。

それに伴って薬剤師という職業の存在価値も見直されており、薬剤師とは別の資格も取得することで変化する福祉の時代に対応していくことが可能となります。

この記事では、薬剤師がプラスアルファの資格を持つ必要性とメリットを紹介していきます。

プラスアルファの資格を持つ必要性とメリット

時代が必要としている

薬剤師が複数ライセンスを取得することを推奨する理由は大きく2つあります。

  • 日本の福祉制度の変化に対応することが求められている
  • 薬剤師飽和時代を見越して他人と差をつける必要がある

時代がさらなる専門性を求めている

日本では、65歳以上が人口の4割近くとなる超高齢化社会が目前となっています。財政と社会保障制度を維持するために、医療や介護などの福祉サービスは変化を続けています。

現在の薬剤師の主な仕事は医師の処方内容の確認や服薬指導、薬歴管理といった外来調剤ですが、それだけでは通用しない時代が迫ってきています。社会のニーズは、薬剤師に地域の医療職と連携しながら地域医療や在宅医療の担い手になってもらうことです。

そのためには、今まで以上に専門的な資格やスキルを持った薬剤師が必要とされています。

実際に、厚生労働省による診療報酬・介護報酬改定においては、年々地域包括ケアや訪問医療での、薬剤師の役割が強化されています。

資格を得ることで、他の薬剤師との差別化につながる

薬剤師の教育課程が2004年に6年制に移行したタイミングで、全国の多数の大学が「薬学部」を新たに新設しました。さらに、雇用期間の延長や定年の見直しなどにより、人材不足と言われていた薬剤師の人数が年々増加し、将来的には薬剤師の飽和時代が訪れることが懸念されています。

また、6年制移行後の新規の薬剤師は、カリキュラムの変更から従来の基礎薬学加え、新たに医療薬学の知識も得ています。これによりベテラン薬剤師さんは「高度な知識と技術を持った、6年制を卒業した薬剤師が増えている」と焦りを感じている方もいるでしょう。

他の薬剤師と差がつく、貴方の強みとなる資格を取得することでより専門的な仕事を選択できるようにすることが求められています。

資格取得の為のサポートが受けられる?

疑問は担当アドバイザーが教えてくれる

転職先の企業では「資格取得の代金を勤務先が負担してくれるのかな?」「資格勉強の研修制度はあるのかな?」と疑問を抱えている方に朗報です!

転職サイトに登録することで、もし企業の求人募集等に資格取得サポートについての記載がなくても貴方の疑問に対し、担当アドバイザーは各企業に独自のコネクションから調査を行い応えてくれます。

貴方の将来のキャリアのためにもプラスアルファの資格を得たい!と思ってもらえたなら、転職サイトを活用し資格取得サポートを把握することがおすすめです!

失敗しない薬剤師転職サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA